早い、安い、キレイが揃った激安のチラシ印刷サービス

激安チラシガイド

データ作成

ボールペンとチラシ

激安チラシの原案

注文すれば激安で簡単にチラシ印刷を頼むことができる、となるとついつい手軽さばかりに目が行ってしまいがちですが、注文するためには当たり前ですが印刷してもらうためのデータが必要になります。
言わばどんなデザインでどんなチラシになるのか、その大元がなくては印刷のしようがないからです。
このデータはお店によっては依頼すれば作ってもらえるところもありますが、やってもらえるところでもデザイン料は別途かかるので、激安プランを激安のまま利用したいとなれば、データは自分で作る必要があると言えるでしょう。
しかし、とにかく印刷できそうな大元となる原案、デザインが作れればそれで良いのかというと、そうでもないのでその点は注意しておく必要があります。

確認しておこう

データを作るにあたって確認しておかなくてはならないのが、その規格についてです。
いくら激安でチラシ印刷をしてもらえるとはいえ、出力できる状態のデータでなければ印刷作業に移ることはできません。
ですから作る前にお店のホームページでしっかりとデータの規格を確認し、それに沿って作っていきましょう。
そしてもう一つ、どういった形のファイルが利用できるのかの確認も大切です。
一般的にイラストレーター、フォトショップ、DTP専用のソフトの他、オフィス系のソフトを使ったデータが利用できますが、何に対応しているのかというのはお店によって違います。
激安のプランを選んでもデータが入稿できなくては遠回りをしたり、別途費用が必要になることがあります。
ですから激安プランを激安のままでチラシ印刷サービスに進むためには、少し下準備が必要になることを頭に入れておきましょう。

↑ PAGE TOP